上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソーシャルネットワークサービス 略してSNS

『人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型の会員制のサービス』


繋がりたいと思えばSNSを利用して色々な人とのつながりを持つ事が

可能だし、簡単に出来るものだけど・・・

ブログ・MIXI・フェイスブック・LINE・ツイッター・ゲームサイト他色々


で、今回はフェイスブックの話

最近始めたばかりなので、友達も多くないけれど日常の出来事なんかを

携帯でアップしたりして楽しんでるの


ブログは、そこそこ書かなきゃいけないって自分自身で思い込んでて

なかなか更新頻度が上がらないんだけど

フェイスブックは、ちょこちょこ日々の出来事を更新してるのね

友達に元気だよ~って知らせるツールとして使用してる


で ここから本題


昨日、見ず知らずの人から友達リクエストが届いたの

でも、コメントが一切書かれて無かったので、その方のホームを訪ねたの・・

そしたら個人情報の類が無いのよ・・・出身とか学校とか友達とか何も表示されてないの

プロフィール画像も無ければ日々のつぶやきとか写真も無いw


でも友達以外の人には見せないって人もいるので

なんかオカシイ・・・とは思いつつ承認したの・・


そうしたら今日メッセージが届いたのw

フェイスブック・メッセージ

このあと、その方のページを見に行ったのだけど・・無かったわw


まぁ 名前も偽名だろうし完全に何かを意図してるよね?

メールでやり取りって・・・私のメルアド知りたいだけでしょ!

ツイッターでも全く似たようなコメントを貰った事があったので

その手には乗らないよ!

すぐさま友達登録を削除したし、連絡をする気もないわ!


人と人のつながりを広げたいとは思うけど、

油断も隙も見せちゃイケナイのがSNS 友達の友達でも油断は禁物


反しているかもしれないけど

私の場合 人との付き合いは 狭く深く が 心地いい

スポンサーサイト
_4922436722011

うちの会社の周りの居酒屋やコンビニ・レストランは中国人の従業員だらけw彼らは本国で起こっている事をどー思っているんだろう
09-02 22:47

何故 中国人は、日本の国旗を踏んだり破ったり燃やすのか・・・・そして日本の製品の不買運動・・日本人が同じ事を中国に対して行ったらどー思う?相手の立場になって考えてみればやって良い事と悪い事がわかるはずだよねっ
09-02 22:08

_4922436722011

午後、ヒマなのでネットから各種書式をDLした。うちの会社の書式を一新するぞ!
08-14 16:43

仕事がはかどりすぎて今日は午前中で終わった・・17:30まで何すりゃいいんだ(汗)
08-14 13:02

_4922436722011

お盆・・・仕事中w 電話が鳴らないので仕事がはかどる
08-13 10:21

2月19日の記事で、私の直属の上司の息子さんが

自転車で、出会いがしらに歩行者とぶつかり、その歩行者が亡くなった記事を書きました


2人からコメントを頂きましたので、遅くなりましたがコメントの返信を

したいと思います


1.jpg


私の上司は、その日から毎週土日は自宅へ戻り、警察の事情聴取を受けていたそうです


息子さんの生まれた時から、現在に至るまでの事を細かく聞かれたそうです

性格 好きな事 成績 友達関係 家庭環境 学校での態度・成績等々・・

学校の先生にも事情聴取をしたようです


警察としては、今回の件は、本当に不幸な事故で済ませたかったようで

事故当日の朝から事故が起こる前 起った後の事を時系列で聴取されたと

言っていました


当然 息子さんと上司夫婦揃って現場検証も立ち会ったそうです

そして、毎週土日の事情聴取を1ヶ月半・3月末にやっと終わったらしいです


もちろん 通夜・告別式・そして49日法要と3人揃って出向いたようですが

先方に拒否されたと言ってました

いまだにお線香を上げさせてはもらえないらしいです


辛い話しです・・・でも彼は一生自分の家族を支えなくてはいけません


私と上司との出会いが「縁」であるなら・・私の人生にも何か意味があるはず

私は、彼を仕事で支えてあげる事しかないのかな・・・


2.jpg

息子さんは塾の帰り道 雨に降られながらも 傘をささずに

普通の速度で自転車を運転していたそうです


ただ、髪の毛から雨のしずくが垂れて 手で髪の毛をかきあげた時

目の前に その人が現れて 慌ててハンドルを切ったそうですが

間に合わず ちょっとぶつかった程度だったそうです


尻もちをついた後に、頭部を強打

それが原因でお亡くなりになった 何とも不運で不幸な事故でした・・


交通事故はたとえ過失で無かったとしても、被害者も加害者も不幸です

生きていても死んだとしても家族の気持ちは晴れる事はないでしょう

そして、それは、誰にでも起る可能性があるから恐い事です


人生 何が起こるかわかりません

言える事は、辛い出来事から逃げてはいけない!って事なんでしょう

生きる事は、修行なのかもしれません


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。